バナー

勤怠管理はごまかせないようにするのが重要

勤怠管理は企業にとって常に考えなくてはならないことですが、ここで必ず押さえておかなくてはならないポイントとなるのが「ごまかせないようにするのが重要」ということです。

まずそもそも勤怠管理はなぜ必要なのか、それは「社員の出勤状況を把握した上で正確に給与を算定できるようにする」ということが最大の理由となります。
もちろん法律を守るためなどの理由もあるでしょうが、企業にとって最も重要なのはコスト管理です。

しかしこのことは勤怠管理が正確にされていなくては実現することが不可能となります。

Girls Channelの口コミ情報をまとめました。

例えば登録も消去も自由に社員ができるということになってしまうと、その管理はもう管理とは呼べない形骸化したものになってしまうでしょう。場合によっては残業をしていない社員が残業をしたと偽って不正に割増賃金をもらおうとすることもあるでしょうし、逆に上司が自分の営業所の成績をよく見せかけるために本来の残業時間を大きく減らして申告するなどのこともあり得ます。



どちらになったとしても企業にとっては良いことなど一つもなく、特に残業がなかったように見せかけるなどのことは立派な賃金不払いという犯罪行為です。

最近では日本国内でもそうした犯罪をしても知らん顔をしているブラック企業に対して厳しい対応をすることが増えており、すでに政府の中でもそうした事業者の名前をインターネットで公開する動きが出始めています。



実際のところこれまでの勤怠管理は多少なあなあでも許される部分がありましたが、今後はそう言ったことは許されない時代になってきます。


事業をより円滑に行いたいと思うのであればこそ、勤怠管理は厳格に管理するようにしましょう。