バナー

タイムカードを利用して時刻を記録と勤怠管理について

タイムカードは勤怠管理を円滑に進める目的で利用される専用の用紙になります。

タイムレコーダーにカードを挿入すると、挿入時の日時と出社時や退社時などの時間帯に応じて所定の欄に時間を捺印してくれます。勤怠j管理を行う時に利用されるものですが、従業員は毎日会社に来た時と帰る時の2度タイムレコーダーで時刻の捺印をカードに行っています。

この時間は勤怠管理に必要な情報となりますが、勤怠管理は1日の労働時間が所定の時間で在る事、時間外の労働が在る場合には残業手当として支給することが使用者の義務付けになっており、従業員はタイムカードを利用して時刻申請をしているという事になります。
タイムカードによる時刻申請は時と場合によっては不利になってしまう事も在ります。



例えば、交通機関の乱れにより普段は定時前に出社している人でも、タイムカードの記録は遅刻と言う情報として残る頃になります。

交通機関の乱れは遅延証明書の提出を行う事で遅刻とみなされなくなりますが、タイムカードに記録されている時間は遅刻と言う扱いになるため、勤怠管理ではこのようなケースでの管理方法を考えておく必要が在ります。



一般的には、遅延証明書の提出や申請書類の提出を行う事で遅刻として見なされなくなりますが、勤怠管理の中ではこの世な書類提出における管理も必要になってくると言う事です。

ガジェット通信に関する情報を紹介するサイトです。

また、残業時間についても、残業開始前に申請書類を提出し、上長が残業をしても良いと言った場合に残業をすることが出来るような仕組みを取っている企業も在ります。