バナー

勤怠管理に必須なタイムカード

勤怠管理をするうえで必ず必要なものがタイムカードです。

社員がいつ勤務をしたのか。



その勤務は何時から何時までだったのかを記録するものです。
タイムカードの形式はいくつかあり、勤怠のカードを専用の機器に差し込むことで勤務時間を管理する形式がひと昔前は主流でした。

現在では、パソコン上の勤怠管理システムで入力する形式が増えています。


事務仕事であれば、パソコンを使うことが多いためシステムに入力した勤務時間とパソコンを起動していた時間を付け合わせて適正な勤怠管理ができているかをチェックする企業もあります。

BIGLOBEニュース関しての情報探しに役立つ最新情報の集めたサイトです。

国も労働時間の管理に力を入れ始めており、労働基準監督署の立ち入りがあった場合にはタイムカードと勤務実態の差について詳しく求められることが増えています。

また、勤怠をパソコンソフトで管理することで給与計算も効率的に行うことができます。


手書きやアナログな機器で勤務実績を管理していると、給与の計算をする際に別途データ入力が必要になります。

時間外労働や深夜労働、シフト勤務に対する手当など手当が多ければ多いほどシステム化を進めることで業務の効率化に繋がります。勤怠管理と給与計算を一つのソフトで提供している会社もあり、勤務形態が多様であり、且つ社員数が多い企業では一つのソフトで管理するメリットも多くあります。

勤怠管理の重要なポイントは、正確性と勤務実態を客観的に記録する仕組みです。

近年、ブラック企業という言葉が当たり前のように使われますが、適正なシステムを整えることでブラック企業になることを予防できます。



適正な環境を作ることで、風土が築かれていくのです。