バナー

企業が勤怠システムを導入するメリットとは

企業が、従業員の勤務時間を把握をする場合には、かつては、手書きによる日報やタイムカードからの人の手による転記が行われ、従業員が多い場合や、雇用形態が多数ある場合には煩雑さが伴う作業となっていました。しかし、現在においては勤怠システムを導入している企業も多く、ここでは、就業状態が一元的に管理することができるようになっています。

企業が勤怠システムを導入するメリットとしては、まず、出勤時間の正確な把握ができる点があります。

最新のOKWave情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。

勤怠システムを導入することで、タイムレコーダーやICカード、ブラウザの入力フォームや携帯電話等から、自動的に出勤データを自動的に集約することが可能となります。

また、業務の形態に合わせた方法を用いることで、企業全体の時間管理ができるようになります。
2つ目としては、時間外労働や割増賃金の計算の効率化を図ることができます。

導入をすることで、従業員一人ひとりについて、それぞれの雇用形態や労働契約に沿って、割増賃金が適用される労働時間を自動的に計算することが可能となります。



また、給与計算システムに連動させることで、給与明細の発行も行うことができるようになります。
3つ目としては、申請フォームを統一することで、承認作業の効率化につながることがあり、ここでは、申請フォームをブラウザ上で統一する機能を活用することで、スムーズな承認やチェックをすることが可能となります。



勤怠システムの導入では、他に、労働基準法などの関連法律が改正された場合でも、迅速に反映することができるようになり、統計からデータを取ることで、従業員の人事や配置転換などに活用することができるようになります。