もしも通っている脱毛サロンが倒産したら

脱毛サロンに契約する際に必ず知っておくべきことがあります。

それは、もし通っている途中にそのサロンが倒産してしまったらどうしたらいいのかということです。

大手サロンだから、たくさんCMをやっているからということで簡単に安心することはできない時代です。
めったにないこととはいえ、自分が通っている脱毛サロンが倒産する確率はゼロではありません。まずは契約書に「前受金の保全措置」についての記載があるか確認しましょう。

前受金とはあなたが脱毛サロンと契約する際に、前払いしたお金のことです。

それを全額、あるいは一部返金する措置に関して詳しい条項が契約書には書かれているはずです。



もし書かれていないときは、お住まいの地域の消費者センターまで連絡をしましょう。
では、こうした倒産トラブルを避けるにはどのようにしたらいいのでしょうか。


脱毛サロンに支払う金額が高額になる場合は、分割手数料はかかってしまいますが、クレジットカードで分割払いをするのをおススメします。



通っているサロンが倒産してしまった場合、すぐにクレジットカード会社に連絡をすれば、引き落としをストップしてもらうことが可能だからです。

現金で一括払いをしている場合だと、倒産している会社からすでに支払ったお金が返還されることはかなり難しいと考えるのが一般的です。



もし返還されるとしても、かなり長い時間がかかったり、ほんの一部の金額しか返還されない場合がほとんどです。

今は回数無制限や永久保証を宣言しているお店が多いので、脱毛サロンとのお付き合いは長期間になることが多いです。

倒産時の対応については契約をする前にしっかり考えておきましょう。